滑る床はペットにとって危険!対策するにはフロアコーティングが最適

リスクと対策法

犬と猫

ペットに危険なフローリング

多くの家庭にフローリングがあるでしょう。人間には快適なフローリングの床ですが、実はペットにとっては非常に危険な存在になっているのです。フローリングの床というのは、滑る可能性が高くてペットが足腰を悪くしてしまう恐れがあります。足腰が悪くなってしまうと病気を発症し、歩行困難になってしまうこともあるので、フローリングの危険性を今一度理解していくことが大事です。フローリング対策として、カーペットを敷く方法もありますが、掃除の手間や衛生的にも色々と問題点が出てくるのであまりおすすめはしません。ペットの危険を考慮して、最適な対策法を見つけていきましょう。

ペットが病気になる可能性も

ペットが滑るフローリングでは、どのような病気になってしまうのかを把握しておくと良いですよ。元気だったペットも足腰が悪くなって、病気になってしまうことも少なからずあります。そんなときに、関節病など病気について把握していると役立ちます。まず、かかりやすい病気として椎間板ヘルニアがあります。ヘルニアは人が抱える病気のイメージですが、実は犬や猫でも椎間板ヘルニアは発症してしまいます。急性の場合が多くて、悪化してしまうとマヒが発生して歩けなくなってしまう恐れを持っている怖い病気です。次に股関節形成不全があります。これは、床で滑った衝撃で股が外れて、不規則な歩行をするのが特徴です。このように病気の危険性を考えると、フローリングの環境をちゃんと整備することが1番の対策法と考えられるでしょう。

飼い主の悩みもたくさん

また、フローリングの床ではペットが滑る危険性だけではありません。ペットだけではなく、飼い主にも様々な悩みがあります。そこで、フローリングの床でよくある悩みを見てみましょう。

・ペットの爪でフローリングが傷つく
・お散歩して家に入ったら床に汚れがつく
・粗相をしてしまって消えないシミがついてしまう
・臭いが取れない

など、上記のことが飼い主の悩みとして挙げられます。最初は綺麗だったフローリングが、時間が経つにつれ徐々に汚くなってしまうこともよくあります。そんな、ペットと飼い主にとってもデメリットな面が目立つフローリングですが、最適な対策法があるのです。それは、フローリングをフロアコーティングすることです。フロアコーティングでは、これまでの悩みなどを全て解決してくれるでしょう。

フロアコーティングがおすすめ

フロアコーティングをしてほしい理由はいくつかあります。まず、フロアコーティングでは転倒を防ぐ効果を持っているので、ペットには最適な環境と言えるでしょう。コーティングをした床はピカピカに見えるため、逆に滑りやすいイメージを持っていますが、実際は滑りにくくなっているのです。次に、綺麗な状態を保ってくれるのでペットが床を汚してしまったり粗相をしたりしたときも、掃除やお手入れが簡単なのが飼い主にとって嬉しいです。また、使用しているコーティング剤はちゃんと安全基準を突破したもののみを使用しているため、ペットが舐めても問題ありません。フロアコーティングはペットの健康と安全を守って、飼い主の悩みを解消してくれる素晴らしい存在になります。

他にもメリットがたくさん

フロアコーティングはペット以外でも、色々なメリットがあります。上にある通り、転倒防止効果があるので高齢者や小さなお子様でも安心して過ごすことが出来ます。長くて20年ほど綺麗な状態を保てるので、その間は掃除の手間が減るでしょう。様々なメリットに着目してみて、フロアコーティングを検討してみてはいかがですか。

広告募集中